店舗型のWeb集客の方法は?効果のあるウェブマーケティング施策や手法を徹底調査

店舗型のWeb集客の方法は

現在SNSやWebツールの発展により、従来とは異なった集客方法であるWeb集客に注目が集まっています。店舗型のマーケティングを行っている方にとっては、このWeb集客を知っているかどうかで売上が大きく変わります。

しかし、Web集客をどのような方法で行うべきなのかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、SNSやWebツールを利用したWeb集客の方法やWeb集客を成功させる方法を解説していきます。ぜひ参考にしてください。

Web集客とは

そもそもWeb集客とは、インターネットを利用し、オンライン上でユーザーを集客する方法のことです。Web集客は、基本的にはGoogle検索やSNS、Web広告といったものを利用し、ユーザーの集客を行っていきます。

そのため、従来の集客に比べ、多くの方に店舗を知ってもらえる機会が増えます。

なぜ知ってもらえる機会が増えるのかというと、Web上にサイトを掲載したり、SNSで店舗について投稿した瞬間から自動的に集客が行えるからです。このWeb集客を従来の集客と比べると効率の良さがわかりやすいと思います。

まず、従来の集客のオーソドックスな方法はビラ配りです。ビラ配りは、チラシを配り、それを見た方が店舗に足を運ぶかどうか決めます。

そのため、チラシを受け取ってもらえない場合には集客の意味がありません。また、ビラ配りに利用するチラシを作るために費用がかかるため、余ってしまったときのことを考えると非効率的なのがわかります。

一方で、Web集客の場合には、Web上にサイトを掲載することやSNSを利用して店舗を紹介するため、投稿したした瞬間から不特定多数の方に店舗について知ってもらえます。

また、ビラ配りのようにチラシを作る必要もないため、無駄な費用をかける必要がありません。このようなことから、従来の集客方法と比べるとWeb集客はとても効率的で誰でも簡単にできます。

店舗型のWeb集客の特徴

Web集客の特徴は以下の5つです。

  1. 誰でも簡単に始められる
  2. 場面に合わせて種類を変えられる
  3. 費用があまりかからない
  4. 集客のデータを分析しやすい
  5. 即効性がある

これから、それぞれ解説していきます。

誰でも簡単に始められる

店舗型のWeb集客の1つ目の特徴は誰でも簡単に始められることです。Webに掲載するサイトやSNSの投稿を利用するWeb集客はやり方さえ知っていれば誰でも簡単に始められます。

Webサイトを作成することも現在は簡単にできますし、SNSは誰でも利用できます。そのため、Web集客は誰でも簡単に始められるので利用することがおすすめです。

また、従来の集客のようにチラシを作る費用もかからず、そのチラシを配る方にかかる人件費もかかりません。

場面に合わせて種類を変えられる

Web集客の2つ目の特徴は場面に合わせて種類を変えられることです。例えば、インスタ映えなどを狙っている店舗では、インスタグラムを利用した集客を行うことが得策になります。

このように、店舗のターゲット層に合わせたツールをその都度選択し、最善の集客を行えることもWEB集客の特徴です。

費用があまりかからない

Web集客の3つ目の特徴は費用があまりかからないことです。現在SNSは誰でも無料で始めることができますし、Webサイトは少し勉強すれば誰でも作成できます。

また、Webサイトを外部に安価で受注することやWebサイトのテンプレートなどを無料でダウンロードできるサイトもあります。

そのため、Web集客は費用を安価に抑えることもできますし、SNSを利用すれば、無料で行えます。

集客のデータを分析しやすい

Web集客の4つ目の特徴は集客のデータを分析しやすいことです。従来の集客方法の場合、集客のデータを残すことが困難でしたが、Web集客の場合はオンラインで行うため、集客がデータとして残ります。

そのため、集客のデータを分析し、どのような集客方法を取ればユーザーのニーズに応えられるのか明確にすることが可能です。

また、Web集客のデータを年単位で記録しておくことで、集客の成功率の向上や業務の効率化につなげることも可能です。

即効性がある

Web集客の5つ目の特徴は即効性があることです。従来の集客とWeb集客をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

【従来の集客】

  1. チラシ作成
  2. チラシ配り
  3. ユーザーがチラシを受け取る
  4. 店舗に足を運ぶ

【Web集客】

  1. サイト・SNSなどに投稿
  2. ユーザーが投稿を見る
  3. 店舗に足を運ぶ

まず、従来の集客の場合にはチラシの作成から始まり、チラシ配りを行い、ユーザーがチラシを受け取ることで初めて店舗について知ってもらえます。

そのため、チラシをもらってもらえることが前提の集客方法です。

一方で、Web集客はWebサイトやSNSの投稿をユーザーが見ることで店舗について知ってもらえます。WebサイトやSNSの投稿は一度行えば、削除しない限り残りますが、チラシ配りはチラシを配らなければなりません。

このようなことから、WebサイトやSNSに投稿した瞬間から集客が始まるWeb集客は即効性が高く、効率的な方法です。

店舗型のWeb集客の方法

店舗型のWeb集客の方法はさまざまあり、場面に合わせて種類を変えることで効率よく集客を行えます。

Web集客の方法は以下の通りです。

  • ブログを使った情報発信
  • プレスリリース配信
  • SNSを使った情報発信
  • リスティング広告
  • アフィリエイト広告
  • リマーケティング広告

それぞれ解説していきます。

ブログを使った情報発信

ブログを使った情報発信は、ユーザーが検索しそうなキーワードを予測して記事を作成し、Webサイトの検索を狙う方法です。

この方法は、Web集客の中では集客までに時間がかかる方法ですが、一度有益なサイトを作成してしまえば、半永久的にユーザーのアクセスが見込めます。

ブログを使った情報発信でとても重要なことは、作成したサイトをGoogle検索で上位表示させることです。

なぜかといいますと、インターネットを利用して何かを検索している方はすぐに有益な情報が知りたいため、上位のサイトにしか目を通さないからです。

特に検索1位のサイトのアクセス数はずば抜けて多いです。

そのため、作成したサイトをGoogle検索で上位表示させることがとても重要です。Google検索で上位表示させるために必要なことはSEO対策を行うことです。

SEOとは「Search Engine Optimization」検索エンジン最適化という意味で、ユーザーに対して有益な情報かどうかをGoogleが判断して順位を付けています。

このようなことから、ブログを使った情報発信でWeb集客を行う場合にはSEO対策を行うことが必要不可欠になります。

プレスリリース配信

プレスリリース配信は、雑誌やニュースサイトなどのメディアに自社店舗の情報を発信し、大々的に紹介してもらう方法です。テレビ番組などで紹介された店舗に足を運びたくなる方は多いと思いますが、それこそがプレスリリース配信によってのWeb集客です。

プレスリリース配信は、メディアの特性などを理解し、自社店舗のプレゼンを行う必要があるため、難易度はとても高いです。

SNSを使った情報発信

SNSを使った情報発信は、誰でも簡単にできるWeb集客の方法です。誰でもできる方法ということは、この方法で集客を考えている店舗も多いため、ライバルが多くなります。

そのため、SNSを使った情報発信は他社店舗と同じようなことをしていたら意味がないことが多いです。

SNSを使った情報発信でとても重要なことは、他社店舗と差別化をすることです。差別化をすることで自社店舗オリジナルのSNSを使った情報発信になり、Web集客の成功率も高まります。

また、SNS広告を利用した集客方法もあるため、SNSを使ったWeb集客は考え方次第ではとても有効で効率的な集客方法になります。

リスティング広告

リスティング広告は、Google検索などで上位表示の上にある広告のことです。リスティング広告を利用することで集客率は高くなりますが、広告を掲載してもらうためには費用がかかります。

そのため、リスティング広告分の予算がある店舗のみしか利用できません。

リスティング広告の費用の相場は、商品やサービスによって異なりますが約20万円~50万円前後と言われています。このコストを支払える場合は、リスティング広告を利用することで効率的に集客することが可能になります。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、アフィリエイターといわれる第三者のWebサイトで自社店舗について紹介してもらい集客する方法です。アフィリエイト広告は、成果によってアフィリエイターに報酬を支払うため、成果が出れば出るほど多くの費用がかかります。

そのため、先ほど紹介したリスティング広告のようにコストを支払える予算が無ければ利用できません。

しかし、アフィリエイト広告は、第三者が作成したサイトということもあり、違う視点で自社店舗の宣伝を行ってもらえるというメリットもあります。

リマーケティング広告

リマーケティング広告は、自社店舗のサイトを訪れたことのあるユーザーをターゲットにしたWeb集客の方法です。

自社店舗のサイトに訪れたことがあるということは少なからず興味がある可能性があるため、効率的に集客が行えます。

店舗型のWeb集客を成功させるためのポイント

店舗型のWEB集客を成功させるためには以下の4つのポイントを意識することがとても重要です。

  1. 検索ページ上位表示
  2. SNSでのアピール
  3. ライバル店との差別化
  4. 複数のWeb集客方法を行う

それぞれ解説していきます。

検索ページ上位表示

1つ目は検索ページ上位表示を狙うことです。これは、先ほどブログを使った情報発信で解説しましたが、検索ページの上位に表示されなければサイト自体を見てもらえる可能性がとても低くなってしまいます。

そのため、SEO対策を行い、検索ページの上位に表示されるサイトを作成する必要があります。

SNSでのアピール

2つ目はSNSでのアピールです。もし、Web集客でリスティング広告などの方法を行っていたとしても、SNSを利用したWeb集客を行うようにしましょう。なぜかといいますと、SNSは無料で誰でも簡単に利用できるからです。

集客をする際には多くの場所で自社店舗の情報を発信することがとても重要になります。

ライバル店との差別化

3つ目はライバル店との差別化です。先ほどSNSでのWeb集客が重要といいましたが、ライバル店と同じような情報発信ではユーザーのニーズに応えられないため、集客率が高くなりません。

そのため、自社店舗オリジナルの要素を発信することで、ライバル店との差別化を行い、ユーザーのニーズに応えるようにしましょう。

複数のWeb集客方法を行う

4つ目は複数のWeb集客方法を行うことです。

プレスリリース配信やリスティング広告などは一つだけでも集客率を高めることが見込める方法ですが、複数のWeb集客方法を同時に行うことで、多くの方に自社店舗について知ってもらう機会を与えられます。

そのため、1つの方法だけではなく、複数のWeb集客方法を同時に行うようにしましょう。

まとめ

本記事では、SNSやWebツールを利用したWeb集客の方法やWeb集客を成功させる方法を解説しました。Web集客を行うことでコストをあまりかけずに効率よく集客を行えます。

また、SNSでのWeb集客は誰でも簡単にできる方法なのでぜひ一度試してみてください。