飲食店の経営に必要な7つのスキル|必須な条件や進め方も解説

この記事を読むことで飲食店の開業に必要な物を理解する事ができます。

飲食業界に関わらず、新規事業を立ち上げる際は新しい市場への進出をしようとすると調べないといけない情報が多く手間がかかってしまうと思います。

そこで今回は、以下について詳しく解説していきます。

  • 大前提!飲食店を経営する2つの方法
  • 0から経営するために必要なこと
  • 飲食店経営に必要な2つの資格
  • 長く飲食店経営を維持するために必要な7つのこと
  • 飲食店の経営を成功させよう!

この記事を通じて、飲食店の経営に必要な物や今足りていない物を探してみて下さい。

大前提!飲食店を経営する2つの方法

飲食店の経営を考える経営者として、2つの経営手段は知っておかないといけません。会社の経営に正しい道が決まっている訳ではありません。なので、経営設計の段階では沢山の手段を検討できる状態の方が良いでしょう。

そのためまずは、この2つの経営方法についてご紹介していこうと思います。

①飲食店を0から経営する

飲食店の経営をしようと考えている人の中には食事が大好きな人が多い傾向にあります。

よく手料理をしたり、大好きな料理屋さんを見つけては自分で食べて、大好きな食べ物の魅力を伝えたいと開業を試みる人もいるのではないでしょうか?

しかし、会社経営は一筋縄ではいきません。そのため、0から飲食店の開業をするには、コスト、知識、人脈などとにかく資産を集める事に労力を使わなければいけません。しかし、そんな資産を集める手間を省いて会社の経営をする方法が一つあります。

②フランチャイズ経営をする

フランチャイズとはフランチャイザーという既に業界で成功を納めている会社のノウハウや名義などの全ての資産を借りて、経営できるシステムの事です。

その代わりにフランチャイザーに加盟料とロイヤリティという形で売上の一定量を支払う契約をします。このフランチャイズというのはメリット・デメリットがはっきりしています。

フランチャイズ経営する3つメリット

フランチャイズ経営をする3つのメリットは、

  • 経営戦略を考える必要が無い。
  • ネームバリューがあるので、集客が0から始めるよりも容易
  • 細かなオペレーションまで考えられているので、想定売上が明確で経営しやすい

この3点になります。

この3点の中で最も大きなメリットは売上の想定が明確な点です。

利益というのは、売り上げから経費を差し引いた分になります。この利益が1円以上であれば事業としては成功しています。

そのため、売上が明確に想定できている場合は、その売上よりも出費を抑えれば黒字の状態で経営し続ける事が可能です。

この点を優位に使いたいと考えている人はお勧めの経営戦略と言えます。

フランチャイズ経営をする3つのデメリット

フランチャイズ経営をする3つのデメリットは、

  • ロイヤリティによる収入の圧迫が考えられる。
  • 経営の自由度が低くやりたい事が出来ない場合がある。
  • 風評被害に起こる可能性が高い。

この3点になります。

この3点の中で最も大きなデメリットは、経営の自由度低い点です。

会社を経営は、自分が持っているビジョンを達成する手段の一つとして扱う物です。

もし、自分が経営する会社に明確なビジョンがある場合、フランチャイズ経営ではそのビジョンが達成されない場合があります。勿論、ある程度方向性が似ている会社のフランチャイズを採用すれば、自分の取りたい道と同じ道を辿る事が可能ですが、完璧に同じ事はありません。

そのため、自分の会社は自分のやりたいようにやる!と決めている人は、フランチャイズ経営はあまりお勧めできない経営戦略と言えます。

0から経営する為に必要なこと

フランチャイズではなく、0から経営をする為に必要な事は

  • 飲食店経営にお必要な2つの資格
  • 長く飲食店経営を維持するために必要な7つのこと

を意識する必要があります。

そのため、これから一つずつ詳しく解説していきます。

飲食店経営に必要な2つの資格

飲食店経営に必要な資格は、

  • 食品衛生管理者
  • 防火管理者

の2つになります。

では次に、この2つの資格はどのような物なのか詳しく説明していきます

食品衛生管理者とはどのような資格なのか?

食品衛生管理者とは、施設における製造や加工段階で衛生上考慮しないといけない食品や添加物について衛生管理をする人の事です。

この食品衛生管理者の資格がないと店舗を開く事ができません。

しかし、この資格は一日講習を受ける事で直ぐに取得する事ができます。

なので、店舗を開く前に忘れる事なく取得しておきましょう。

防火管理者とは何か?

防火管理者とは、火事を未然に防ぐために施設の防火対象物の管理をする人の事です。

食品衛生管理者と同様に、防火管理者の資格を持っていないと店舗を開く事ができない場合があります。収容人数が30名以下の店舗の場合は取得しなくても問題ないですが、基本的には取得を迫られます。

また、開く店舗の大きさが300平米以上の場合は甲種防火管理者の資格が必要になり、300平米未満の場合は、乙種防火管理者の資格が必要になります。

そのため、自分が開く店舗の大きさを設計している段階でこの資格が必要かどうか判断し、必要な場合は早めに資格取得しておきましょう。

長く飲食店経営を維持するために必要な7つのこと

飲食店経営をする際にこの7つの点に気を付けていれば、間違った経営をする事はありません。飲食店のニーズは高いですが、多くの飲食店が存在しているので、ニーズがあるから来てくれるという単純な話ではありません。

そのため今回は、間違わない会飲食店経営をする為に必要な7つの点についてご紹介していこうと思います。

①運転資金の確保

一般的に会社経営にかかるコストは固定費と変動費に分けられます。

固定費は、店舗の家賃など一か月で変動が少ない費用の事です。

一方で、変動費は食材の仕入れ費用など月によって変動する費用の事です。

この費用の概算を取って3カ月先までの費用を確保しておくと安定した経営が出来ていると言えます。

そのため、まずは店舗を出す前にどれほどの費用がかかるのかを計算しい運転資金を確保しておきましょう。

②生活費の維持

飲食店を経営することばかりを考えてしまい、生活費を蔑ろにしてしまう経営者が一定数います。会社経営をし続ける為にも、自分が生活し続けられる基盤を作成する必要があります。

勿論会社経営にお金がかかりすぎてしまい、生活費が担保出来ない場合もあるかと思います。しかし、自分が生活出来ないとあなたが飲食店を通じて届けたい価値を届け続ける事が出来ません。

そのため、会社経営の前にまずは自分が生きていける生活費を維持できる状態を作り上げましょう。

③競合店との差別化

競合店との差別化も重要なポイントです。USPと呼びは独自売り込み提案といい、他社が提供しているサービスと差を作り、自社のサービスを使ってもらうように商品や店舗等を作り変える操作の事を指します。

飲食店は世の中に無数にあります。その中でなぜあなたのお店にお客様は足を運んでサービスを利用するのでしょうか?

その理由を他社と差別化を測り作り出してあげる事が出来ればUSPの完成です。このUSPが無いとお客様は来てくれません。立地を競合と変えてみるなど思いつく手は色々あると思います。

なので店舗経営の設計段階から、他社とどのようにして差別化を測りUSPを出すか考えておきましょう。

④集客にコストをかける

売り上げを上げるには、クライアント数、単価、リピート率のいずれかを上げる以外方法はありません。飲食店は欲しいものというよりは必要な物な場合が多いので、ブランディング等を用いないと単価を上げる事が難しいです。なので、重要なのは集客にコストをかけてクライアント数とリピート率の向上に努める事です。

また、集客をする際も目的に合わせて集客の方法を変化させる必要があります。

例えば、新規顧客を開拓したい場合は強めのオファーをだし、まずは来てもらう事を軸に広告を出した方が効果的でしょう。また、一度来てくれた顧客に再度来てもらう為には、顧客のリードに対しディスカウントイベントの開催告知をしたり、ポイントカード等を発行するなど、どのような形で集客するかによって打つべき施策が大きく異なります。

そのため、売り上げを上げる為にもどのような相手に何をするかを考えた上で集客にコストを割きましょう。

⑤メニューを工夫する

メニューはUSPを出す一つの要素です。

また、毎回注文されるメニューのデータを測る事で、自分のお店に来てくれるお客様のニーズやウォンツを知る事ができます。

その情報を基に、人気な商品はそのままにし、不人気な物は改良してお客様が必要としているメニューに変えるなど、よりお客様に喜んで貰えるお店になるように変化させていきましょう。そうする事で、お客様飽きさせる事なく満足して帰って貰えるので、再度来店してくれる可能性も高まります。

そのため、定期的にデータやお客様の生の意見を基にメニューの改変をしていってください。

⑥回転率を重視する

売り上げを上げるには、単価、クライアント数、リピート率のいずれかを上げる必要があります。その中でも飲食店は回転率を考える必要があります。

ラーメン屋さんを例に考えてみましょう。

ラーメン屋さんの席数が8席あるとして、ラーメン一杯の単価が1,000円だとしたら、

売り上げ=席数×単価×回転率=8×1,000×回転率

この式で求める事ができます。

他の数値は簡単には変える事は出来ません。そのため、売り上げを上げるには回転率を意識する必要がある事が分かります。

このように、自分が行っているビジネスモデルを基に売り上げの式を出してみると、どのような施策を打つべきか判断する事ができます。

一般的に飲食店は今回の例のように、回転率が売り上げの鍵になる場合がほとんどです。

そのため、売り上げの向上の為にもまずは回転率を重視したお店経営を考えましょう。

⑦全てのお客様に全力で向き合う

どの業界でも同じですが、来てくれたお客様に全力で向き合う努力を心がけましょう。

お客様はお店のあらゆる所を見ています。そのため、細かな動作にも意識を持つ必要があります。

細かな所もお客様は見ています。自分が作ったお店に満足し再度来店してもらう為にも、全てのお客様に全力で向き合いましょう。

飲食店の経営を成功させよう!

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した内容をまとめました。

  • 大前提!飲食店を経営する2つの方法
  • 0から経営するために必要なこと
  • 飲食店経営に必要な2つの資格
  • 長く飲食店経営を維持するために必要な7つのこと
  • 飲食店の経営を成功させよう!

今回ご紹介した内容を基に、自分が成功できると思える状態で会社経営に踏み出していってください。