【初期費用0円】エステサロンのクレジット決済端末3選|利用する7つのメリットも解説

決済端末

「エステサロンがクレジット決済端末を導入するメリットを知りたい」

「エステサロンが導入するのに良いクレジット決済端末を教えてほしい」

キャッシュレス化が進む昨今、経営するエステサロンでもクレジット決済を導入した方が良いのか迷っている経営者も多いと思います。

本記事では、エステサロンでクレジット決済を導入するメリット・デメリットと共に、初期費用のかからないクレジット決済端末を3つご紹介。

エステサロンの経営者の方は、クレジット決済に対する実際の口コミも見ながら、検討を進めてください。

\ クレジットカード決済の導入でお困りなら… /

OTOMOサポートに無料相談!

エステサロンでクレジット決済を導入する7つのメリット

エステサロン 施術

まずは、エステサロンでクレジット決済を導入するメリットを7つ見ていきましょう。

  1. 顧客の単価が上がる
  2. 来客数が増える
  3. 売上管理が楽になる
  4. 会計時間が短縮される
  5. 支払い漏れがなくなる
  6. 銀行に行く頻度が減る
  7. 現金に触れないため衛生的

以下でご紹介します。

①顧客の単価が上がる

日本経済新聞によると、銀行系カード会社の業界団体が行った調査で、クレジット決済をする人は現金決済をする人よりも1.7倍多く使っているとの調査結果を掲載しています。(日本経済新聞「クレジット利用額、現金の1.7倍」)

クレジット決済をするとその場で支払いをする必要がなく、心理的なハードルが下がるため、「ついで買い」や「まとめ買い」をする人が多くなるためです。

エステサロンに一緒に売っているケアグッズの販売に関しても、現金のみの決済では手持ちが無く購入に繋がらないことも多いのですが、クレジット決済できるとなれば購入の機会損失を防げる可能性が高くなります。

②来客数が増える

クレジット決済は、来客数が増えるメリットがあります。

クレジットカードを利用すると利用金額に応じてポイントが貯まるため、支出にはなるべくクレジット決済で支払いたいと思う方は多いようです。

主なクレジットカード(一般)のポイント還元率
  • 三井住友カード(NL):0.5%
  • JCB CARD W:1.0%
  • 楽天カード:1.0%
  • dカード:1.0%
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード:0.5%
  • etc…

上記のように、現金での支払いでは戻ってくるものが無いのに対して、クレジット決済を行うと、0.5%~1.0%の還元率でポイントを受け取れます。

現金決済のみのでは他の店に行ってしまう人もいるため、顧客の流出を抑えつつ、他店からの来店数が増える効果が期待できるでしょう。

③売上管理が楽になる

多くのクレジット決済端末加盟店ごとに専用の管理画面を設けており、店舗で利用された決済額をリアルタイムに確認可能のため、売上の管理を簡素化できます。

現金決済のみの場合は毎日の売上がレジ内の現金と合っているかレジ締めをして電卓を叩く姿が当たり前でした。

しかし、一部だけでもクレジット決済に移行することで、レジ締めの負担軽減が図れます。

現金が紛失する等のリスクにも対応できます。

④会計時間が短縮される

クレジット決済では現金決済と違い財布から現金を出して釣り銭を渡す、といった工程が省略されるため、会計時間が短縮されるメリットがあります。

2019年、株式会社JCBにより決済速度に関する実証実験が行われ、結果的に現金決済は28秒、最も速い非接触型決済は8秒と、20秒もの差があることが分かりました。

決済方法決済速度
非接触型(QUIC Pay)8秒
クレジットカード(サインレス)12秒
QRコード17秒
現金28秒
(出典:株式会社JCB「決済速度に関する実証実験結果」)

クレジット決済を行うと、会計時間の短縮に繋がることが分かる結果ですね。

⑤支払い漏れがなくなる

クレジット決済を利用すると、支払い漏れがなくなるメリットがあります。

現金決済ではお札やおつりの数え間違いがどうしても発生してしまい、その日の現金売上とレジの履歴が合わないと青くなることもあるでしょう。

クレジット決済は支払いの履歴が記録されるので、細かい金額であっても支払い漏れを防げます。

⑥銀行に行く頻度が減る

クレジット決済をメインで行うと、現金の出し入れが少なくなり、両替や入金が減るため、銀行に行く頻度が減ります。

現金の管理は経営の基本であり、基本的には毎日行って1日の売上を記帳することで通帳を見ただけで売上の管理が可能です。

しかしクレジット決済であれば、現金の取り扱いはしないため、毎日の売上を銀行に預け入れに行く必要もなく、決済端末加盟店ごとの専用ページでリアルタイムに確認できます。

銀行への日参が日々の業務の負担になっていた方にとって大きなメリットと言えますね。

⑦現金に触れないため衛生的

イギリスのオックスフォード大学の科学者チームが実施した独自調査において、紙幣1枚には約2万6,000個の細菌が付着していることが発見されました。

きれいなはずの新札にも約2,400個の細菌が付着しており、清潔感が求められるエステサロンにおいては特に、現金に触れない方が衛生的です。(出典:CNN「「最も汚いものはお金」?、8割が回答 欧州調査」)

お店で現金を消毒しようにも限界がありますので、現金に触れないクレジット決済は清潔感の維持や感染症対策に有効と言えます。

エステサロンがクレジット決済を利用する3つのデメリット

クレジット決済

ここからは、デメリットについても見ていきましょう。

  1. 高額のエステ代は一括払いできない可能性がある
  2. 売上がすぐに現金化されない
  3. 決済時に手数料がかかる

以下でご説明します。

①高額のエステ代は一括払いできない可能性がある

エステサロンのメニューは高額であることも多く、クレジット決済会社によっては、決められた取引金額を超えるため、一括払いで対応できない可能性があります。

1回あたりに利用できる金額が多い決済会社を選ぶことでこの問題は解決されますので、どのクレジット決済端末の導入するかは良く検討するのがおすすめです。

②売上がすぐに現金化されない

クレジット決済は現金決済と違い、売上が即日入金にはならないため、すぐに現金化されないデメリットがあります。

サービス名スマレジ・PAYGATESTORES決済stera pack
入金サイクルクレジット/電子マネー売上
:末締め翌15日払い
/15日締め当月末払いの2回
QRコード決済売上
:当月末締め・翌月末払い
最短振込依頼から
2営業日以内
最短5日に1回

上記は今回ご紹介する3つのクレジット端末の入金サイクルです。

最短でも振込依頼から2営業日以内かかるため、すぐに現金を使いたい場合は一考した方が良いですね。

クレジット決済のキャッシュフロー
  1. お客様が商品やサービスを購入
  2. クレジット会社から店舗へ立替払い
  3. クレジット会社から手数料を引いた代金が振り込まれる

店舗からクレジット会社へ売上の連絡が遅くなった場合はもっと時間がかかる可能性があります。

緊急時に現金が動かせるよう、余裕を持った資金繰りを行いましょう。

③決済時に手数料がかかる

お客様がクレジット決済する度に、店舗側はクレジット会社に手数料を払う必要があります。

客数が増えることを考えたらデメリットにはなりませんが、どこの決済代行会社でも手数料は必要と思っておいた方が良いでしょう。

店舗が支払う手数料は、2つのポイントを吟味して決められます。

クレジットカード決済の手数料率を決めるポイント
  • 業種
  • 経営の体制

業種や規模によって売上高や決済数がそれぞれ異なるため、上記の2点から手数料率を算出しています。

エステサロンは約3%〜5%が手数料率の相場です。

【口コミ・評価】クレジット決済を導入したエステサロンの効果

エステサロン

メリット・デメリットを見て、クレジット決済を導入すべきか悩む経営者もいることでしょう。

エステサロンがクレジット決済を導入することで得られる効果について、口コミがありましたのでご紹介します。

エステサロンの入会にあたり、支払いに関する不満を持たれるお客様は意外と多いものです。特にエステサロンは、高額支払いになったり、分割などを選ばれるケースが多いので、クレジット決済を導入するメリットがとても高いです。

やはり導入すると現金をお持ちでない層の顧客の方にも、サービス導入により入会を促すことができますし、回収もれや、未回収のリスクを回避するこができますよ。

https://finance.yahoo.co.jp/money/experts/questions/q13171741483

エステサロンは支払い金額が高額になることが多く、現金が手元に無い人にとってクレジット決済を導入することで入会のハードルが下がります。

クレジット決済をすることで店舗側はクレジット会社から支払いを受けられますので、回収もれや未回収のリスクを回避できる点もメリットです。

サロンでは、クレジットカードを使えるようにした方が、売り上げが上がりますよ。現金とクレジット払いの両方ができるようにしています。

クレジットカードの手数料のことを考えると、できれば現金で支払って欲しいと思ってしまいますが、長い目で見ると売り上げは上がっていきます。

クレジット決済ができることが分かると、施術の帰りに化粧品を購入して頂くなど、確実に売り上げアップに繋がっています。クレジット決済は、導入にそれ程費用や設置までの期間がかからず、端末が場所を取るといったこともないので導入することをお勧めします。

https://finance.yahoo.co.jp/money/experts/questions/q13171741483

実体験として、エステサロンではクレジットカードを使えるようにした方が売上が上がると口コミを寄せた方もいました。

お客様がクレジットカード決済をすると店舗側は手数料を支払う必要がありますが、手元に現金が無くても支払いができることが分かると、ケアグッズなどを一緒に買っていく人が増え、客単価が上がって売上が上がっていくようです。

クレジット決済端末は高くない!導入費用0円の決済会社が多い

クレジットカード

クレジット決済を導入するとなると、決済端末を導入しなければなりません。

決済端末の導入にかなりのお金がかかるのではと身構える人もいますが、実は導入費用が無料の決済会社も多くあります。

初期費用が0円で利用できるのであれば、クレジット決済も身近なものになりますよね。

次からは、自宅で個人経営するエステサロンにもおすすめの、初期費用0円のクレジット決済端末を3つご紹介します。

自宅で個人経営するエステサロンにもおすすめ!初期費用0円のクレジット決済端末

決済端末
サービス名スマレジ・PAYGATESTORES決済stera pack
初期費用
(税込)
無料
※通常端末代30,800円
無料
※通常販売価格 19,800円
無料
月額費用
(税込)
無料〜無料3,300円
※お試しプランなら1年間無料
入金サイクルクレジット/電子マネー売上
:末締め翌15日払い
/15日締め当月末払いの2回
QRコード決済売上
:当月末締め・翌月末払い
最短振込依頼から2営業日以内最短5日に1回
導入期間目安審査通過後約3週間約1週間約1.5ヶ月
決済手数料3.24%~1.98%~2.80%~
電子マネーiD/WAON/nanaco/楽天Edy/QUICPay/kitaca/Suica/PASMO/toica/manaca/icoca/SUGOCA/nimoca/はやかけんkitaca/Suica/PASMO/toica/manaca/icoca/SUGOCA/nimoca/はやかけんiD/WAON/nanaco/楽天Edy/QUICPay/kitaca/Suica/PASMO/toica/manaca/icoca/SUGOCA/はやかけん
QRコードPayPay/d払い/楽天Pay/au PAY/メルペイ/LINE Pay/Wechat Pay/ALIPAY
※LINE Payは新規受付停止中
Wechat PayPayPay/d払い/楽天Pay/au PAY/メルペイ/ゆうちょPay/Wechat Pay/ALIPAY/Union Pay
対応OSAndroid iOS/AndroidAndroid

上記が初期費用無料で導入できる決済端末です。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

①スマレジ・PAYGATE

スマレジ・Payment公式スクショ
サービス名スマレジ・PAYGATE
初期費用
(税込)
無料
※通常端末代30,800円
月額費用
(税込)
無料〜
入金サイクルクレジット/電子マネー売上:末締め翌15日払い/15日締め当月末払いの2回
QRコード決済売上:当月末締め・翌月末払い
導入目安審査通過後約3週間
決済手数料3.24%~
電子マネーiD/WAON/nanaco/楽天Edy/QUICPay/kitaca/Suica/PASMO/toica/manaca/icoca/SUGOCA/nimoca/はやかけん
QRコードPayPay/d払い/楽天Pay/au PAY/メルペイ/LINE Pay/Wechat Pay/ALIPAY
対応OSAndroid

スマレジ・PAYGATEは主要なクレジットカード・電子マネー・QRコード決済に対応したマルチ決済サービスです。

スマレジ・PAYGATEの特徴
  • 端末1台だけで複数の支払い方法に対応
  • お客様の希望する方法で支払い可能
  • 端末を持ち運んでどこでも決済可能

スマレジ・PAYGATEは1台で複数の支払い方法に対応できます。

様々なお客様のニーズに対応できるため、販売機会の拡大に繋げていけるでしょう。

プラン名月額費用(税込)
※1店舗につき
1日あたりの費用
(税込)
スタンダード0円
プレミアム4,400円146円
プレミアムプラス7,700円256円
フードビジネス11,000円366円
リテールビジネス13,200円440円

スマレジ・PAYGATEは全て無料で利用できるスタンダードプランから、在庫管理まで行えるリテールビジネスまで5種類のプランが用意されています。

自宅で個人経営をしているエステサロンであれば、基本的な機能を備えたスタンダードプランから試してみると良いでしょう。

②STORES決済

STORES決済公式スクショ
サービス名STORES決済
初期費用無料
※通常販売価格 19,800円
月額費用無料
入金サイクル最短振込依頼から2営業日以内
導入目安約1週間
決済手数料1.98%~
電子マネーkitaca/Suica/PASMO/toica/manaca/icoca/SUGOCA/nimoca/はやかけん
QRコードWechat Pay
対応OSiOS/Android

STORES決済はスマホが1台あれば利用できるクレジット決済端末です。

オンライン決済も可能で、店舗側が決済用のウェブページを作成し、お客様のメールアドレスにURLを送信するだけで、簡単に決済できます。

STORES決済の特徴
  • 「2回払い・リボ払い」に対応
  • 「自動入金」と「手動入金」で入金のタイミングが選べる
  • 事業に合わせて機能をカスタマイズできる

STORES決済はクレジット決済には珍しく、「2回払い」や「リボ払い」に対応しています。高額になりがちなエステサロンの支払いですが、2回払いやリボ払いに対応していればお客様の利便性に繋がるでしょう。

自動入金と手動入金で入金のタイミングが選べるのも特徴。手動入金にしておくと必要なときに振込依頼ができ、最短翌々日で入金されます。

POS/会計ソフトとの連携やCSVダウンロードなど、事業に合わせて機能をカスタマイズできるので使いやすく改良可能です。

STORES決済(旧コイニー)とスクエアを徹底比較!それぞれの特徴とおすすめをご紹介

③stera pack

sterapack公式スクショ
サービス名stera pack
初期費用無料
月額費用3,300円
※お試しプランなら1年間無料
入金サイクル最短5日に1回
導入目安約1.5ヶ月
決済手数料2.80%~
電子マネーiD/WAON/nanaco/楽天Edy/QUICPay/kitaca/Suica/PASMO/toica/manaca/icoca/SUGOCA/はやかけん
QRコードPayPay/d払い/楽天Pay/au PAY/メルペイ/ゆうちょPay/Wechat Pay/ALIPAY/Union Pay
対応OSAndroid

stera packでは初期費用無料、月額3,300円で30種類以上の決済手段に対応できる端末が利用できます。

stera packの特徴
  • 月額3,300円(税込)だけで利用可能
  • 専用アプリで会員証やスタンプカードが作れる
  • お試しプランあり

決済サービスの中でも、サブスク型サービスはstera packだけです。

月額3,300円(税込)で利用できます。

専用アプリで会員証やスタンプカードが作れるため、幅広い使い方ができます。

いきなり3,300円を払うのに抵抗がある人は、1年間固定費0ではじめられるお試しプランから試してみてはいかがでしょうか。

サービス名お試しプランスタンダードプラン
初期コスト無料無料
サービス利用料
(税込)
1 年間無料3,300円
VISA/Mastercard決済手数料率3.25%2.8%
クレジットカード【売上アップ】クレジットカード決済を導入!個人事業主におすすめな3つの決済会社を紹介

エステサロンはクレジット決済端末の導入で売上アップ

エステサロンはクレジット決済との相性がとても良く、導入することで客単価が上がって売上が上がったり、売上管理が楽になったりといったメリットがあります。

ただしデメリットもあるため、特に高額なエステメニューを出しているサロンは要注意です。

クレジット決済端末の導入には初期費用がかからないものも多くあります。本記事を参考に、ぜひ検討の上クレジット決済端末の導入を進めてください。

\ クレジットカード決済の導入でお困りなら… /

OTOMOサポートに無料相談!